お問い合わせ

お問い合わせ

会計及び監査

ベトナムの会計システム

ベトナムでは、現在、VAS(ベトナム会計基準、Vietnam Accounting Standardの略)のみが認められており、外資系企業及び事業協力契約の企業(以下「FIEs」)は年に一度、VASで作成された財務諸表の監査が義務付けられている。

ベトナムの会計システムの一般的な要件は次のとおりです。

  • ・会計記録はベトナム語又はベトナム語に加えて外国語を併記することは認められている。
  • ・会計記録は、通常ベトナムドン(以下「VND」)によって記帳することが要求される。制限された状況でのみ、FIEsは会計記録の通貨として外貨を使用することができる。
  • ・Chart of Account (勘定科目及び勘定コード)はベトナム会計規定に従わなければならない。それ以外の科目を使用する場合には財政省の認可が必要。
  • ・ベトナムの会計規制に従って多くの財務諸表を作成する必要がある。

ベトナム進出についてのお悩みは弁護士法人ALGにお任せください