着服した横領金の請求をされている立場から未払残業代請求を行うことによりゼロ和解に持ち込んだ事例

依頼者の属性
50代、男性、飲食店経営
相手の属性
依頼者のもと勤務先の代表
受任内容
損害賠償被請求事件、時間外労働手当等請求労働審判事件

事件の概要

依頼者が元勤務先飲食店の売上を横領していたことが、退職後に発覚したにより、相手方から着服した金額の返済を求められて弁護士に相談に来られました。

相手方からは、着服した金額を返済すれば刑事告訴はしないと言われておりましたが、相手方から請求された金額は依頼者に覚えのないものなどが計上されていたため、依頼者にも返済の意思はありましたが、法外な金額を請求されるのは納得がいかない、というのが相談時のご意向でした。

弁護方針・弁護士対応

依頼者本人の認識では着服金額が110万円であるに対し、相手方からの請求は着服金額500万円 となっており、まずは相手方との間で着服金額の算定を行いました。
この際、依頼者との打合せを重ねていたところ、逆に依頼者から相手方に対し数年分の残業代等の支払が可能であることが判明し、相手方に対し、依頼者の未払い残業代等を請求し、対抗することになりました。

当方の着服額の概算よりも未払い残業代等のほうが大きいことにより、あくまで訴訟外でこれらを相殺することを相手方に提案しましたが、未払残業代の時効の完成までに合意が成立しなかったため、相手方に対し、未払い残業代等を請求する労働審判を申し立てることになりました。

弁護士法人ALG大阪支部・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

横領した金額と未払残業代との相殺の主張を行ったこと、実際に労働審判を申し立てたところ、相手方に代理人が就任し、審判外での交渉を行ったところ、審判を取り下げることを条件として双方債権債務無しという和解の成立にこぎつけることが成功しました。これにより、未払残業代等を全額払ってもらうことよりも刑事告訴を免れたいという依頼者の希望に沿う形となりました。

弁護士が未払残業代の存在に気づき、それを交渉材料とすることで、刑事事件化を防ぐことができたほか、着服金の返済もまでも免れるという、受任当初の依頼者の希望を上回るであろう解決に至ったのではないかと思われます。

企業側人事労務に関するご相談

初回30分電話・来所法律相談無料

顧問契約をご検討されている方弁護士法人ALGにお任せください

土日祝日・年中無休・24時間電話受付中

※会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません