弁護士との顧問契約をご検討の方へ

弁護士は、会社に法的なリスクが発生していないか、事業内容に問題がないか等チェックすることでトラブルを予防し、また、実際にトラブルが発生した場合には、会社に生じる損害が可能な限り少なくなるように法的な手続きを行います。

顧問契約を締結いただいた場合には、弁護士が継続して会社経営に関する法的なチェックを行うことになります。そのため、顧問弁護士は、会社の内部事情を十分に把握することができ、個々の会社に応じて最も適したアドバイスをすることが可能となります。したがって紛争の予防としてより効果的に機能します。
事業における問題や従業員の雇用に関することで、多少気になるけれど、あえて外部に相談まですることが躊躇われるような問題・悩みもあるのではないでしょうか。顧問弁護士であれば、少しでも不安に感じた際に、気軽に相談することができます。弁護士に相談することを躊躇して、長期間に渡り問題点を放置したことで、後に大きな損害を発生させてしまうという事態を回避することができます。
実際に法的問題が発生した場合、その都度、弁護士を探して、会社の現状を説明して、対応を検討していたのでは、対策を講じるまでに時間がかかってしまい、適切な対策を適切なタイミングで講じることができなくなってしまうおそれがあります。顧問弁護士であれば、日常的に会社に接し、会社個別の事情を把握していますので、急なトラブルの発生に対して、即座に対応することができます。このように顧問弁護士がいることで、トラブルに対する最適な対応ができる環境を整備することができます。

以上のように、顧問契約を締結すると、紛争が顕在化する前にその芽を摘むことができます。また、実際に紛争が生じてしまった場合には、会社の内情を十分に把握したうえで、迅速に法的な対応をとることができますので、会社経営にとって大きなメリットがあります。是非、会社に顧問弁護士を入れることをご検討下さい。

企業側人事労務に関するご相談

初回30分電話・来所法律相談無料

顧問契約をご検討されている方弁護士法人ALGにお任せください

土日祝日・年中無休・24時間電話受付中

※会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません
労働問題 コラム
残業代請求対応、未払い賃金対応(8)
問題社員対応、解雇・雇止め(1)
ハラスメント対応(3)
団体交渉、労働組合対策(0)
労働審判(0)
弁護士との顧問契約(0)
メンタルヘルス(1)
内定取消(1)
新型コロナウイルス(2)

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません