病院・クリニック

従前、わが国の医療は、医師の自己犠牲的な長時間労働により支えられてきました。加えて、最近ではより質の高い医療やきめ細かな患者への対応に対するニーズの高まりから、こうした長時間労働に拍車がかかってきました。
このような慢性的な問題に対応し医師の労務環境を健全化するため、昨今、2024年4月から適用される医師の働き方改革について様々な議論がなされています。
もっとも、いくら議論が進もうともそれを実際に現場に適用することは簡単なことではありません。
当事務所は、これまで多くの病院・クリニックの皆様より労務環境改善に関するご相談をいただいておりますので、それぞれの病院・クリニックの実情に応じた解決策をご提案することができます。

以下では、当事務所が病院・クリニックの労務問題に対してどのような対応を採っているかについて具体的にご紹介します。

就業規則や諸規程の見直しを行います。
これにより就労形態の多様化、勤務間インターバル制度の導入、産業医による面接指導及びタスク・シフティング(業務の移管)を行うことで、医師の労働時間短縮に向けた取り組みを推進します。

労務問題に関する日常的な法律相談にお答えして、最適な解決策を提示します。
病院・クリニックは、他の業種と比較すると、解雇・退職に関する問題が多く、すでに退職した従業員から解雇無効、残業代請求やセクハラ・パワハラに対する慰謝料請求等がなされたという相談がよくなされます。

院内研修(ハラスメント研修等)を実施いたします。
普段の院内での立ち居振る舞いに生かしていただくよう研修にてセクハラやパワハラについての理解を深めてもらいます。

法的紛争に対して対応します。
労務問題は、団体交渉を起こされたり労働審判や訴訟に発展することが多く、当事務所ではこのような事案に対する経験が豊富ですので、安心してお任せいただけます。

当事務所は、病院・クリニックの労務問題について適切にサポートできますので、ぜひご相談ください。

顧問契約をご検討されている方弁護士法人ALGにお任せください

土日祝日・年中無休・24時間電話受付中

お問い合わせ