弁護士との顧問契約

あなたの会社には、気軽に相談でき、迅速に対応してくれる顧問弁護士はいますか?

1 心配事をすぐに相談できる存在

会社内でのちょっとしたトラブルについて、誰に相談すればいいかわからず、不安なまま放置していたという話をしばしば耳にします。訴えられたなどの大きな問題であればすぐさま弁護士に相談するという経営者でも、ささいな問題については、弁護士に相談しても相手にしてもらえないのではないか、申し訳ないなどと考える方も多いようです。

そのような大小問わず日々発生する会社に関する悩みや疑問について相談に乗ることは顧問弁護士の重要な仕事のひとつです。
たとえ小さなことでも心配事があるだけで精神的な負担が増え、判断力が鈍ることもあります。ささいな疑問でも顧問弁護士が解消してくれることで、余計なことに囚われずにすべきことに専念することができます。
また、そもそもその悩み自体が本当に小さな問題なのかもわかりません。自身では問題ないと思っていても、実はしっかり対策をとらなければならない重要な問題かもしれません。
何かあったときに気軽に相談できる顧問弁護士を見つけておきましょう。

2 紛争が起きない環境の整備

弁護士の仕事と言えば、裁判など、発生した紛争を解決することが印象的ですが、顧問弁護士の仕事としては、まず紛争が起きない社内環境、取引関係を整備することが重要です。
紛争が発生して裁判などになってしまったら、想定外の時間、費用をかけざるを得ず、それによって本来注力すべき事業が中途半端になってしまったり、職場環境に関する問題なら社内の士気が低下してしまったりと、会社にとってはデメリットばかりです。

そのようなロスが発生しないように、常日頃から、社内環境整備については、就業規則、労働契約書等の見直しやセクハラ・パワハラ等抑止のための社内研修など、取引関係についても各種契約書のチェックなどによって、顧問弁護士はあなたの会社の健全な発展をサポートすることができます。

3 いざというときには迅速かつ最適な対応が必要

そして、いくら紛争が起きないように万全の対策を講じていても、どうしても避けることができない紛争はあります。このような有事の際には、顧問弁護士がいなくても、弁護士に依頼することはできます。しかし、会社関連の紛争では資料が膨大となり、迅速な対応が得られないケースもあり得ます。

この点、顧問弁護士は日常的な相談や社内・取引関係の整備を通して、あなたの会社の細かな周辺事情にまで精通できるため、いざというときに迅速かつ最適な対応が可能となり、結果、会社の損失を最小限に抑えることができます。

このように、顧問弁護士は、いかなるときもあなたの会社を法的にサポートする、あなたの会社のパートナーです。
もちろん必要なサポートの内容はそれぞれの会社の規模、業種、ニーズなどによって異なってきます。
あなたの会社にとって最良のパートナーになれるよう、まずはお気軽にご相談ください。

顧問契約をご検討されている方弁護士法人ALGにお任せください

土日祝日・年中無休・24時間電話受付中

お問い合わせ