弁護士介入によって後遺症害の認定と賠償金186万円を獲得した事例

弁護士介入によって後遺症害の認定と賠償金186万円を獲得した事例

後遺障害等級:
第14級9号
被害者の状況:
頚部痛
争点:
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 未提示 186万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 等級認定未了 第14級9号 認定をサポート

交通事故事件の概要

ご依頼者様は、信号待ちの停車中に後続の自動車に追突され、頚部痛等を訴え通院していました。 今後の治療、後遺障害申請,損害賠償請求についてご相談されました。

弁護士法人ALG大阪法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

1 後遺障害申請にあたって、ご依頼者様から、治療の経過や現在の症状等を詳しく聴き取りました。
また、担当医師に後遺障害診断書を作成してもらう際に、留意してもらいたい自覚症状の記載やご依頼者様の状況に沿った検査の実施を担当医師に依頼しました。そのような準備を行った上で、後遺障害の申請をした結果,頚部痛について後遺障害等級第14級9号が認定されました。

2 ご依頼者様は弊所へ依頼することによって、後遺障害の認定、最終的な賠償額において、ご依頼者様の納得のいく結果を得ることができました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る