相手方の治療打切りに対して一括払対応を認めさせ最終的375万円を獲得した事例

相手方の治療打切りに対して一括払対応を認めさせ
最終的375万円を獲得した事例

後遺障害等級:
第14級9号
被害者の状況:
腰部痛
左膝痛
争点:
治療期間
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 未提示 375万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 申請前 第14級9号 認定をサポート

交通事故事件の概要

ご依頼者様が交差点を青信号で直進中、右方より赤信号無視で直進走行してきた自動車に衝突され、腰部痛、左膝痛等を訴え、通院されていましたが、相手方保険会社の対応の悪さに不安を覚えられ、今後の治療、後遺障害申請、損害賠償請求に向けて弁護士に依頼する必要性を感じられ、当事務所にご相談されました。

弁護士法人ALG大阪法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

・治療費の一括払対応について、相手方保険会社はご依頼者様が通院継続を希望しているにもかかわらず、予告もなく当日付で打切りの通告をしてきた処、ご依頼者様の現在の症状、ご意思等を伝え、治療継続の必要性を訴えて、事故後約9ヶ月間の一括払対応を認めてもらうことができました。

・後遺障害の申請の際は、ご依頼者様から現在(症状固定時)の症状等を丁寧に聞き取り、主治医が後遺障害診断書を作成するにあたって特記していただきたい自覚症状や、神経学検査の実施を主治医に依頼した上で、後遺障害申請を行った結果、後遺障害等級第14級9号が認定されました。

・損害賠償請求においては、相手方保険会社からの、自賠責基準と相手方保険会社が独自の理論で計算した金額による主張に対し、ご依頼者様の立場に立った粘り強い交渉を行い、最終的に、損害賠償金として375万円(自賠責保険金75万円を含む)を獲得しました。

・ご依頼者様の通院期間、後遺障害等級、ご年収等から請求しうる最高レベルの金額を請求し、相手方保険会社から満額回答を引き出すことができて、ご満足いただける結果となりました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る