過失割合でもめており納得できる過失割合で示談できた事例

過失割合でもめており納得できる過失割合で示談できた事例

争点:
過失割合
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 0円 約8万円 約8万円の増額
過失割合 50:50 90:0 過失割合を有利に修正

交通事故事件の概要

本件事故は、スーパーの駐車場内での事故で、前方の車両が突然ハンドルをきってバックし、クラクションを鳴らしたにもかかわらず後退し続けご依頼者様車両の右フロント部分に衝突されたものです。
相手方は車両の損害調査を拒否、相手方保険会社は過失割合の交渉を拒否し、これ以上ご依頼者様本人での交渉が難しいと判断し、弊所にご相談いただきました。

弁護士法人ALG大阪法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

受任後すぐに、ドライブレコーダーの確認やご依頼者様で加入されている保険会社から資料の提供をいただき損害を調査し、相手方保険会社へ当方5%:相手方95%と主張し、交渉を行いました。
長期にわたって交渉を行い、合意書の作成をしないという条件でなら0:90で合意可能と回答がありました。
合意書を作成しないということは、後に相手方から請求される可能性を残すことになるためご依頼者様へのリスクがあり、提案を受けることはできないため、相手方保険会社の担当者の上席と交渉し、過失割合0:90で上席名義の書面を作成いただくことができました。
相手方本人や相手方保険会社の担当者の誠意のない対応に疲弊されていましたが、弁護士にご依頼いただいたことで、ご依頼者様のご負担を軽減することができ、かつ納得できる過失割合で示談することで、満足いただける結果を得ることができました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る