異議申立てにより後遺障害等級14級から8級3号が認定され賠償金額も大幅に増額した事例

異議申立てにより後遺障害等級14級から8級3号が認定され賠償金額も大幅に増額した事例

後遺障害等級:
8級3号
被害者の状況:
握力喪失
争点:
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 250万円 2000万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 14級9号 8級3号 異議申立てにより等級アップ

交通事故の事案

被害者は右手がほぼ握れなくなるなど、ほとんど握力を喪失した状態でしたが、保険会社に任せて事前認定により後遺障害認定を行ったところ、負傷カ所は治癒しており骨折などの画像所見がないとの理由で、14級9号の後遺障害認定しか受けられず、保険会社からも250万円程度の損害賠償案しか出されませんでした。

弁護士法人ALG大阪法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

協力医を探し、二度にわたる異議申し立てをしたところ、右手関節部位にわずかな骨片が見つかり、これがRSDを引き起こしているのではないかとの意見書を取得したところ、「親指以外の3の手指を失ったもの」として8級3号の認定を受けました。

その後、保険会社とは過失割合と逸失利益の額の認識に大きく差があったため、交通事故紛争処理センターに和解斡旋の申立てをしたところ、自賠責からの保険金と合わせて2000万円の損害賠償を獲得しました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る