主婦としての休業損害が認められ適切な損害賠償を受けることが出来た事例

主婦としての休業損害が認められ適切な損害賠償を受けることが出来た事例

後遺障害等級:
併合14級
被害者の状況:
頚椎・腰椎捻挫
腰椎々体骨損傷等
争点:
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 未提示 約300万円 適正な賠償金の獲得
後遺障害等級 申請前 併合14級 適正な等級の認定

交通事故事件の概要

ご依頼者様は60代の女性で、停車中に逆突される事故に遭われ、当事務所に相談されました。 数か月にわたる治療の後、頚部・腰部の疼痛についてそれぞれ後遺障害等級14級が認定されました。
相手方保険会社としては、ご依頼者様のご年齢・骨密度による影響が存する旨、当初から主張していました。
また休業損害についても軽微な内容であるとして主婦業に影響はなかったものとして争っていました。

弁護士法人ALG大阪法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様の主治医の先生に質問を行い、ご依頼者様の治療状況や休業の必要性に関し具体的な医学的見解を賜りました。骨密度についても検査していただき、受傷が無ければご依頼者様の健康状況については何ら問題がなかったことを主張・立証していきました。 結果として、主婦としての休業損害は認められ、骨密度による影響もない旨の認定を受け、適切な損害賠償を受けることが出来ました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る