治療費の未払い解消および、後遺障害等級の併合14級が認定された事例

治療費の未払い解消および、後遺障害等級の併合14級が認定された事例

後遺障害等級:
14級
被害者の状況:
頚椎捻挫
両肘関節挫傷
右肩関節・背部挫傷
右橈骨頚部骨折の疑い
右手関節挫傷
右下腿部挫創
争点:
過失割合
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 未提示 約385万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 申請前 14級 認定をサポート
過失割合 0対10 7対3 過失が小さいことを主張

交通事故事件の概要

本件事故は、南北方向の道路(以下「南北道路」という。)の西側に道路(以下「西道路」という。)が接続した、信号による交通整理が行われていない丁字路交差点(以下、「本件交差点」という。)において、南北道路を南から北に進行し、本件交差点に進入した依頼者運転の普通自動二輪車と、西道路を西から東に進行し、本件交差点を右折進行した相手方運転の普通乗用自動車とが接触した事故です。

当初、相手方が過失ゼロを主張したり、任意保険を使用しないと言ったりと依頼者の治療費も未払いの状態となっており、今後の進め方等で不安に思われ、当事務所に依頼されました。

弁護士法人ALG&Associates

大阪法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

本件事故は、相手方が過失ゼロに近いと考えていることから内払がなく、ご依頼後、依頼者の治療費については人身傷害保険で対応していただくように進め、治療費の未払いはそれにより解消されることとなり、依頼者も通院継続が可能となりました。

その後、9カ月以上通院し治療を継続しましたが、頚部、背部の痛みはなくならず、後遺障害申請を行った結果、併合14級が認定されました。

過失割合については、当方より相手方保険会社に対し、上記事故態様により基本的な過失割合は、直進単車(依頼者車両)30%:右折四輪車(相手方車両)70%であり、相手方主張の過失ゼロはあり得ないと主張しましたが、相手方の主張が頑なであった為、訴訟となりました。

結果的に過失割合については、70:30で和解成立となりました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る