主婦休損や逸失利益を交渉により認めさせ、最終的に370万円増額した事例

主婦休損や逸失利益を交渉により認めさせ、
最終的に370万円増額した事例

後遺障害等級:
事前認定12級13号
被害者の状況:
左膝後十字靭帯損傷
争点:
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約290万円 約660万円 約370万円増額
逸失利益 0円 約340万円 主婦の逸失利益を獲得

交通事故事件の概要

ご依頼者様が直進走行中、路外駐車場よりご依頼者様走行路を横断しようとした加害車両がご依頼者車両に衝突しました。

これにより、ご依頼者様運転の原動機付自転車は転倒し、左膝が車両の下敷きとなり受傷されました。交通事故によりご依頼者様は、左膝後十字靭帯損傷が認められ、他覚的に神経系統の障害が証明されるものと捉えられることから局部に頑固な神経症状を残すものとして後遺障害等級12級13号との後遺障害事前認定を受けられました。

その後、相手方保険会社より約290万円の損害賠償額提示がありましたが、賠償額増額を希望されておりました。

弁護士法人ALG大阪法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご相談前の相手方保険会社の損害賠償額提示は約290万円でしたが弁護士が介入し交渉を行い、結果として660万円で示談することとなり、賠償額を約360万円増額する結果となりました。

本件では当初、事前認定で後遺障害等級12級13号が認定されているにもかかわらず将来における労働能力の喪失はないものとして相手方保険会社より逸失利益は0円として提示がなされておりました。しかしながら、ご依頼者様は本件事故の後遺障害により主婦としての労働能力が将来的に失われるものとして逸失利益を主張し交渉の結果、0円の提示から約340万円を認定させました。

その他の項目としては、相手方保険会社より最低基準での休業損害を提示されており、弁護士介入後は主婦としての休業損害を主張し獲得しました。慰謝料に関しても相手方保険会社からは約80万円程度での提示がなされていましたが、弁護士介入後は裁判基準にて算定することを前提として、約130万円を認定させるなどし全体の賠償額の増額に成功しました。

また、ご依頼いただいてからわずか2ヶ月で示談することとなり、早期解決に至りました。

上記賠償額算定及び増額交渉の他、ご通院されていた各医療機関へご依頼者様が治療費を負担されていたかの確認、弁護士介入以前にご依頼者様が相手方保険会社へお送りしておられた領収証一式の精査、通院交通費の正確な算定等を行いました。もしご依頼されていなかった場合、このような細かい精査を後遺障害を抱える中ご依頼者様が行わなければならずご負担を軽減できたことは幸いでございます。

これに加え煩雑な事務作業、相手方保険会社との連絡をお任せいただけたことも弁護士へご依頼いただいたメリットではないかと思料されます。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る