特別受益につき減額に成功した事例

特別受益につき減額に成功した事例

相続財産:
不動産
預貯金
株式
証券
依頼者の被相続人との関係:
息子
相続人:
依頼者の兄弟
争点:
遺産分割協議
特別受益
弁護士法人ALGに依頼した結果
相続財産 依頼者に約1000万円の特別受益があると言われていた 特別受益につき当初言われていた額よりも半分の額に落とし込んだ

事案の概要

被相続人が亡くなり、不動産や預貯金の相続財産につき兄弟間で意見の相違が生じていました。依頼者に約1000万円の特別利益があるとして主張する相手方に対し、どのように対応したらいいかということでご来所され、受任となりました。

相談当時、依頼者は出来るだけ遺産分割審判に移行することなく話し合いにて解決したいというご意向でしたので、そのような方針となりました。

弁護方針・弁護士対応

依頼者及び相手方の言い分を丁寧に聞き取りながら、慎重に遺産分割協議を進めていきました。

時には互いの主張が正面からぶつかり合うこともありましたが、依頼者も相手方も双方遺産分割審判に移行したくはないという思いは同じだったので、そこを鍵として何とか妥協する部分は妥協し、折り合いのつくところまで落とし込んでいきました。

弁護士法人ALG大阪法律事務所・相続案件担当弁護士の活動及び解決結果

最終的には、双方納得する内容で遺産分割協議書を作成するに至ることが出来ました。

一番の争点となった特別受益については、当初の半分ほどの額まで減額することができ、依頼者も満足しておられていました。互いの主張が正面からぶつかり合った時でも粘り強く交渉を続けたことが功を奏したと思います。

相続 解決事例一覧