シニアアソシエイト 弁護士 櫻井 温史のプロフィール

シニアアソシエイト 弁護士 櫻井 温史のプロフィール

弁護士 櫻井 温史

個人・企業の依頼者の皆さまが困ったときにすぐに相談できる、「町医者」のような弁護士でありたいと考えています

シニアアソシエイト

弁護士 櫻井 温史Atsushi Sakurai

大阪弁護士会所属

シニアアソシエイト 弁護士 櫻井 温史からのメッセージ

司法制度改革によって、一昔前に比べて弁護士数が大幅に増加したことは皆さまご存知かと思います。

もっとも、普段、個人・企業の依頼者の皆さまとお話していると、まだまだ弁護士の敷居は高くアクセスが容易ではないと感じることが多いです。

  

法律問題というのは、病気と同じように、早期発見(=早期相談)・早期治療(=法的問題の解決)が重要です。弁護士に対するアクセスを改善し、個人・企業の依頼者の皆さまが困ったときにすぐに相談できる、「町医者」のような弁護士でありたいと考えています。

  

弁護士に相談・依頼するのは初めてという方が多いと思います。できる限り相談しやすい雰囲気で対応させていただきますので、お困りごとやご心配事がありましたら、何でも遠慮なくご相談下さい。

スピーディかつ適正な解決を心がけ、依頼者の皆さまのために全力を尽くします。

私は、当事務所入所依頼、主に、個人の依頼者からの一般民事事件(交通事故・離婚・相続・労働問題・倒産・金銭トラブル等)及び刑事事件を幅広く取り扱ってきました。

  

また、最近では、顧問先企業からの依頼で、企業法務案件(使用者側の労働問題・契約トラブル・債権回収・不動産に関する問題等)を取り扱うことも多くなっています。

  

案件を処理するにあたっては、スピーディかつ適正な解決を心がけています。良い結果に終わったとしても、時間がかかりすぎてしまっては依頼者の満足は得られませんし、逆に案件が早く進んだとしても、結果や進め方が依頼者の意向と異なっていては、良い解決とはいえません。両者のバランスを常に考え、依頼者の皆さまのために全力を尽くします。

人となり

趣味・特技

サッカー、フットサル、お酒

感銘を受けた書籍

怒りの葡萄

座右の銘

初志貫徹

人生の目標

常に前向きに
弁護士 櫻井 温史

経歴

  • 中央大学 法学部法律学科
  • 神戸大学 法科大学院

所属団体

  • 交通事故委員会

特に詳しい法分野

  • 不法行為法
  • 労働法

紛争が終了して依頼者に笑顔が見られたときが最も働き甲斐を感じます。

法的問題・紛争を抱えていると、大きなストレスがかかります。お仕事や日々の生活に支障が出ることもあるかと思います。

弁護士は、そういった法的問題・紛争に真正面から向き合う必要があるため、精神的なタフさが求められますし、依頼者の皆さまの人生を背負っているという責任感も大きいです。

それだけに、依頼者の納得する形で紛争が終了し、ご相談時には暗い表情をされていた依頼者に笑顔が見られたときが、最も働き甲斐を感じます。

弁護士 櫻井 温史