弁護士 松本 昌浩のプロフィール

弁護士 松本 昌浩のプロフィール

弁護士 松本 昌浩

依頼者にとってどんなときでも頼りになるスーパーマンであり続けたい

弁護士 松本 昌浩Masahiro Matsumoto

大阪弁護士会所属

弁護士 松本 昌浩からのメッセージ

多くの方は法律をよく知らないから、弁護士に相談・依頼します。

法律でどのような決まりになっているのか、そもそも決まりがあるのかないのかをよく知らないから、自分が置かれている状況が不安になる、恐怖は常に無知から生じるのです。
そのような不安の中で頼りにしたはずの弁護士が、よく分かっていないような素振りを見せると、不安はさらに助長されてしまいます。私なら、そんな弁護士には決して依頼したくないと思います。
だからこそ、弁護士は依頼者の前では何でも知っている、どんなことにも動じないスーパーマンであり続ける必要があると私は思います。そのために、法律関連を中心として、社会で起こるさまざまな問題に対して常にアンテナを張り、自学、所内や同期の勉強会などで日々努力を続けています。

多くの弁護士の中でも「この人に頼めば」という存在を目指します

大阪で生まれ育ち、大阪に愛着があるため、当然のことのように、大阪で仕事をして、大阪の役に立ちたいと思っていました。
大阪は東京に次いで弁護士の数が多いですが、そのような中でも、相談を受けていると複数の法律事務所を訪れたけれど、依頼までは決断できなかった方を多くお見受けしました。
私は、大阪において、松本に頼めば何とかしてくれるだろうと評判になるような弁護士を目指し、法律問題を抱え行き場をなくした方の助けになりたいです。

人となり

学生時代の部活

水泳、水球

感銘を受けた書籍

立川談春「赤めだか」、万城目学「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」、平田オリザ「幕が上がる」、堺屋太一「峠の群像」

趣味、特技

散歩、読書、生き物と戯れる

座右の銘

よく学びよく笑う
弁護士 松本 昌浩

経歴

  • 立命館大学 法学部
  • 立命館大学 法科大学院

無理難題と決めつけずに、依頼者が納得できるところまでとことん闘う

依頼者が心から悩んでいる問題の中には、法律、裁判例をふまえると依頼者にとって不利な結論になってしまうものもあります。

しかし、そのような問題に遭遇したときにも、法的には難しいの一言で片付けることなどできません。どうにか依頼者が望む形で決着できないか、依頼者が納得できるところまで依頼者とともにとことん闘いたいと考えています。
そのために、日々法律知識の研鑽に励むとともに、依頼者とのコミュニケーションを意識的に密に行うようにしています。依頼者が今どう考え、何を重視しているのかを常に把握することで、依頼者からの信頼も高まり、より満足度の高い結果につながると確信しています。

「あとはもう全部先生に任せる」と言ってもらえる喜び

私が最も働きがいを感じるのは、依頼者からの全幅の信頼を獲得できたと感じる瞬間です。
もちろん弁護士に依頼する案件にはその人の人生を左右するような内容も多いため、依頼された時点で一定程度の信頼は得ているとは思います。そこからさらに、案件を進めていく中で、依頼者とこまめに連絡を取り、依頼者と気持ちを共有した上で、依頼者の望みがたとえ法的には難しいものであったとしても、あらゆる手段を模索し、あらゆる準備を尽くし、依頼者とともに闘い続けることで、依頼者からの信頼がさらに大きくなると、方針を決める打ち合わせの際にも笑って「あとはもう全部先生に任せるから」と言ってもらえるようになります。ご自身の人生が左右されるような重大事について任せてもいいとまで思ってもらえることは、それまでの自分の活動がしっかり評価されたということであり、そこまでの活動がどれだけハードであったとしても、それが吹き飛ぶほどの喜びを感じることができます。

再び心穏やかな人生を取り戻すために

ご自身が抱えている悩みについて、インターネットで検索しただけ、知人に相談しただけで諦めようとしていませんか。
もし少しでも心に引っ掛かりがあるのに無理に納得させようとしているのであれば、まずは相談だけでもお越しください。
あなたが抱える悩みは、実はあなたが望むような解決ができる問題かもしれません。
何に悩み、何を望むのかお話しください。私がすべて受け止めた上で、問題解決に向けて、あなたが納得できるまでとことんお付き合いいたします。
そして、再び心穏やかな人生を楽しみましょう!

弁護士 松本 昌浩