弁護士 上林 祐詞のプロフィール

弁護士 上林 祐詞のプロフィール

弁護士 上林 祐詞

クライアントに寄り添い、最善の法的サービスを提供すること。

弁護士 上林 祐詞Yuji Kanbayashi

大阪弁護士会所属

弁護士 上林 祐詞からのメッセージ

社会情勢の変化や価値観の多様化により、私たちを取り巻く法律問題も複雑化しています。

このような激動の時代の中で、今日の弁護士には、法律知識はもちろんのこと、新たな法律問題に柔軟に対応できる適応力とクライアントの抱える法的問題を的確に分析し、早期に解決できる能力が求められています。それだけではなく、不安や悩みを抱えるクライアントに寄り添い、クライアントの人生を背負う責任感と高い倫理観が必要になります。

  

そのためには、法律知識に加え、日々変化する社会情勢や時事問題にもアンテナを巡らせ、常に多角的な視野を持ちながら問題点を分析していくことが大切であると感じます。さらには、時代の変遷に伴う法改正や法解釈の変化にも、常に問題意識を持ち、変化に柔軟に対応できるように、日々の研鑽を積み重ねていくことが重要であると思います。

  

私は、クライアントの直面する不安や悩みに真摯に向き合い、日々研鑽を積み、一人ひとりに最善の法的サービスを提供することが、弁護士のあるべき姿だと確信しており、この理想を追い求めながら、日々の業務に従事していきたいと思います。

大阪を盛り上げていきたい。

私は、奈良県で生まれ育ちました。そして、前職の職場も関西(和歌山・大阪)にあり、司法修習地も神戸であったことから、関西に馴染みが深く、大阪をはじめとした関西圏で働きたいと漠然と思っておりました。

  

関西人の笑いやノリの良さ、他人にアメを配るといった独特の文化は、他の地方とは異なったものです。このような関西人の独特の文化は、見方を変えれば、目の前にいる人を笑顔にさせることが身に染みついているともいえ、それが、関西人の優しさであり、温かさだと私は思っています。私も仕事を通じて、目の前にいるクライアントを少しでも笑顔にできるように努力し、大阪を少しでも盛り上げることができればと思っています。

人となり

学生時代の部活

サッカー部

感銘を受けた書籍

坂の上の雲(司馬遼太郎)、リアル(井上雄彦)

趣味、特技

散歩

座右の銘

一生勉強・一生青春
弁護士 上林 祐詞

経歴

  • 大阪大学大学院高等司法研究科

いつでも謙虚に。誰よりも多く汗をかく。

私は、弁護士として、まだまだ未熟であり、事件処理能力や法的分析能力はいまだ不十分で、改善の余地が多くあると日々の業務を通じて感じています。

このような未熟な私が、クライアントの不安や悩みを解決するためには、誰よりも努力し、クライアント一人ひとりの抱える問題に誠実に向き合って事件処理に努めなければならないと感じています。そして、自分の未熟さを自覚しつつ、クライアントのために、誰よりも多くの汗をかく覚悟で仕事をしていきたいと思います。

また、自分が弁護士として仕事ができるのは、事務局の皆様や諸先輩方、家族の支えがあってできることを肝に銘じ、周囲への感謝の気持ちを忘れず、今後も仕事をしていきたいと思います。

クライアントの思いを形にするとき。様々な人や仕事と出会うことができること。

私が考える弁護士の仕事の醍醐味は、クライアントの思いを代理人として、相手方に主張できるということです。漠然としていたクライアントの不安や悩みを弁護士が法律相談を通じて、法的に構成し、クライアントの思いを形にして主張することで、問題解決に至ることは、弁護士としてこの上ない喜びであると思います。

また、弁護士の業務は多岐にわたることから、世の中にある様々な仕事(業種・職種)を知ることができ、さらに、様々な価値観を持った人に仕事を通じて出会えることができます。このような人や仕事との出会いは、自分自身の人生をより豊かにしてくれるものであると思います。

クライアントの皆様にとって相談しやすく、親しみやすい環境の提供

私は、弁護士になる前は、理学療法士として、医療機関に勤めておりました。その際には、患者様の痛みや障害を正確に理解することがリハビリ治療の第一歩と考え、仕事に取り組んで参りました。弁護士になっても問題解決の手段は異なるものの、クライアントの皆様の不安や悩みを正確に理解することが問題解決の第一歩だと思っています。そのためには、クライアントの皆様にとって相談しやすく、親しみやすい環境が必要だと感じています。私は、皆様にとって相談しやすく、親しみやすい環境を提供し、安心して相談できるよう努めて参ります。些細なことでも構いませんので、どうぞお気軽にご相談下さい。

弁護士 上林 祐詞