調査

代表執行役員 弁護士 金﨑 浩之

監修医学博士 弁護士 金﨑 浩之弁護士法人ALG&Associates 代表執行役員 弁護士

医療調査について

医療調査とは、賠償請求等の具体的な行動を起こす前に、協力医の意見や医学文献を参考にして、法的責任の有無に関する見通しを検討することです。

患者側の立場としては、明確に医療過誤に遭ったのであるから直ちに提訴したいと考える場合もあると思います。しかし、医療訴訟は平均2年以上もかかり、弁護士費用や医師の意見書の費用がかかります。特に合理的な理由もなく最初から賠償請求をすると、患者側としても金銭的にも精神的にも傷つくリスクがあるため、原則として事前に医療調査をする必要があります。

まず、カルテを証拠保全か任意開示の方法で入手して弁護士が検討します。不足している資料があれば改めて任意開示をしたり、場合によっては証拠保全を行います。患者や遺族の希望と弁護士の意見を踏まえて、医師に質問する内容を決めます。協力医に記録を検討して頂いて意見を伺います。協力医と面談して口頭で意見を聞く方法もありますし、書面で意見書を取得する方法もあります。また、同時にガイドラインや添付文書といった裁判で特に重視される資料を検討します。これらの調査により明らかになったプラスの事情とマイナスの事情を踏まえて、所内の医療過誤に習熟した弁護士が相談して方針を決めます。

医療調査の結果

ALG&Associates大阪法律事務所では、医療調査の結果として、過失と因果関係が認められる見込みはどの程度か、具体的理由は何かという点を、書面及び口頭でお伝えしています。過失と因果関係が認められる可能性が高い場合には、どの程度の額を請求できるか、訴訟や調停の手続のいずれが適切か、費用はどの程度かかるかという点も、書面でお伝えしています。医療調査の結果を踏まえて、訴訟等の対応について依頼者と弁護士が協議します。

この記事の執筆弁護士

シニアアソシエイト 弁護士 髙橋 旦長
弁護士法人ALG&Associates シニアアソシエイト弁護士 髙橋 旦長
大阪弁護士会所属
弁護士法人ALG&Associates 代表執行役員 医学博士 弁護士 金﨑 浩之
監修:医学博士 弁護士 金﨑 浩之弁護士法人ALG&Associates 代表執行役員
保有資格医学博士・弁護士(東京弁護士会所属・登録番号:29382)
東京弁護士会所属。弁護士法人ALGでは高品質の法的サービスを提供し、顧客満足のみならず、「顧客感動」を目指し、新しい法的サービスの提供に努めています。

医療過誤のご相談・お問い合わせ

初回法律相談無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

0120-979-039 24時間予約受付・年中無休・通話無料

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

メールでお問い合わせ

24時間予約受付・年中無休・通話無料