弁護士 田中 桜のプロフィール

弁護士 田中 桜のプロフィール

弁護士 田中 桜

困っている方々の希望になること

弁護士 田中 桜Sakura Tanaka

大阪弁護士会所属

弁護士 田中 桜からのメッセージ

弁護士になったきっかけは、中学生の時に、女性弁護士が主人公のドラマにあります。

主人公の弁護士自身もいろんな苦難に直面しながら依頼人のために奔走する姿に感動しました。このドラマを観て、日常生活や仕事などで様々な悩みを抱えている依頼者の方々と向き合い、ともに悩みを解決していくことで人々の希望になる人材になりたいと思い、弁護士を志しました。

  

その志は、弁護士になった今も変わらず持ち続けており、常に依頼者の方々の希望になれるように日々努力しています。

学生時代にお世話になった場所で恩返しをしたい

大学時代の4年間は大阪の池田市に住んでおりました。当時は、部活やバイト、勉強等でとても忙しく、体調不良や部活やバイトの中での人間関係で悩むことも多くありました。そんな中、大阪で知り合った方々が体調を気遣ってくださったり、悩みを親身に聞いてくださったりして支えてくださりました。大学時代の4年間は大変なことも多かったのですが、支えてくださった方々のおかげで、かけがえのない経験を積むことができました。

  

そして、自分の夢である弁護士になった際には、自分がお世話になった場所である大阪で多くの人を支えたいと考えており、現在、大阪で弁護士として活動させていただいております。

人となり

学生時代の部活

バドミントン部

感銘を受けた書籍

下町ロケット

趣味、特技

バドミントン

座右の銘

冬は必ず春となる
弁護士 田中 桜

経歴

  • 大阪大学法学部法学科
  • 京都大学法科大学院

常に依頼者様の目線に立って考える

常に依頼者様の目線に立ち、依頼者様にとって何が一番の利益となるかを考え、仕事に取り組んでおります。

また、依頼者様のお悩みになっている点を的確に掴み、些細な点にも気を配ってお答えすることで、依頼者様に納得、満足していただけるリーガルサービスを提供することも心がけております。

依頼者様のホッとされた顔を見たとき

法律相談に来られる依頼者様は、悩みや不安でいっぱいのお顔をされています。そんな中、悩み等についての解決の方向が見えたときに、依頼者様の顔色がパッと明るくなられたことがあり、弁護士として役に立てたことに働きがいを感じました。

些細なことでもお気軽にご相談ください

問題を抱えているときは、心の負担もとても大きいものです。法律的な最良の解決を目指すとともに、心の負担を少しでも減らせるようお手伝いをさせていただきます。 些細なことでも気兼ねなく相談できる「身近な弁護士」として、全力を尽くして参ります。

弁護士 田中 桜