シニアアソシエイト 弁護士 隅田 唯のプロフィール

シニアアソシエイト 弁護士 隅田 唯のプロフィール

弁護士 隅田 唯

依頼者の思いを汲み取り、困難な案件の解決にもあきらめずに取り組む

シニアアソシエイト

弁護士 隅田 唯Yui Sumida

大阪弁護士会所属

シニアアソシエイト 弁護士 隅田 唯からのメッセージ

弁護士へ相談に来られる方は、皆、人生の岐路を抱えて来られます。

ときに理不尽な目に合い、苦しんでおられ、ときに不条理なことに怒り、ときに会社従業員の生活に思い悩む。こういった人生の岐路に立たされた人間は、ともすると、判断を誤り、さらに良くない方向へと進むことすらあります。目の前にいる依頼者がそのような事態に陥らないよう、依頼者の思いを汲み取り、困難な案件であっても解決の方法を探すことを常に心がけています。

商人の町大阪を盛り上げたい

私は大阪で育ちましたが、その間、バブルの崩壊とそれに続く失われた20年があり、大阪の経済は一時と比べ、大きく衰退しました。しかし、大阪はもともと商売が盛んで、イノベーションにあふれた街でした。大阪が発祥の大企業も多くあり、今後の大阪の発展に寄与したいと思い、大阪で弁護士として活動しようと思いました。

人となり

学生時代の部活

陸上部

感銘を受けた書籍

手紙(東野圭吾)

趣味、特技

ピアノ演奏

座右の銘

千里の道も一歩から
弁護士 隅田 唯

経歴

  • 大阪大学法学部
  • 立命館大学法科大学院

事件の細部にこそこだわる

弁護士の仕事は、紛争を解決するという側面から大局的な視野を持つことと、ある主張や事実の存在を証明するためにミクロの視点から物事を観察することの両方が求められます。

もっとも、ミクロな部分はあまりに小さい問題であることもあり、大局的な視野を優先すると見過ごされてしまうこともあるのです。ところが、そういった小さな問題こそ、大局を動かす力を秘めていることもあるため、仕事をするうえでは、事件の細部にこそこだわる姿勢を持って取り組んでいます。

依頼者から「ありがとうございました」と言われる瞬間です

相談に来られた当初は暗い顔をしていた依頼者も事件が終わるときには晴々した顔になっていることがよくあります。紛争は抱えているだけで人のストレスになりますし、自然と表情も暗くなりがちです。そんな依頼者から、事件の解決に至ったときに晴れやかな表情で「ありがとうございました」と言われると、最高の報酬を頂いた気持ちになります。

悩んだらまずご相談ください

私が今まで担当した相談者の多くは、「弁護士さんに相談に行くなんて緊張した」とおっしゃっておられました。弁護士に対するイメージはまだまだ敷居が高く、まして、自分の悩みをつまびらかに弁護士に対して話すことには気恥ずかしさも相まって、大変勇気のいる行動だと思います。私は、そんな相談者様に対して、「本日はご相談に来てくださってありがとうございます」という気持ちで相談に臨んでいますので、恥ずかしさやおそれを抱かずに、私たちに対して助けを求めてほしいと思っています。

弁護士 隅田 唯