弁護士 平山 響のプロフィール

弁護士 平山 響のプロフィール

弁護士 平山 響

ご依頼者様の笑顔を。

弁護士 平山 響Hibiki Hirayama

大阪弁護士会所属

弁護士 平山 響からのメッセージ

弊所にいらっしゃるお客様は、お悩みを抱えて弊所に相談にいらっしゃる訳ですから、皆さん表情が曇っていらっしゃいます。

我々弁護士の仕事は、まず、このお顔をどのようにすれば笑顔へと変えることができるのだろうと真摯に追求することにあると思います。
弁護士は法律のプロフェッショナルですから、法律上の見通しをお伝えすることができるのは当然です。しかし、それだけでは決してお客様のご期待に沿うことは叶いません。大事なことは、お客様が直面している生の事実・感情をきちんと受け止め、理解し、共有することです。それにより、お客様の笑顔を導くことのできる最適な解決策をご提示することができます。
ぜひ皆様のお悩みを共有させて下さい。

大阪を育てたい

私は大阪市で生まれ、大阪市で育ってきました。大阪には数多くの人がおり、企業が存在します。私はそのような数多くの人・企業に育てられてきました。今、私は弁護士という立場から人・企業に接するようになりましたが、自分が幼かった頃には見えなかった様々な側面を目にするようになりました。そこで抱いた思いは、大阪という街もまだ成長過程にあるということでした。私はこれまで大阪という街に育てられてきました。弁護日になり早数年、私も微力ながら社会に貢献することができる立場になりました。次は私の番です。いまだ成長過程にあるこの大阪という街を、私なりに育てていきたいと考えています。

人となり

学生時代の部活

柔道部、テニス、囲碁

感銘を受けた書籍

よいこの君主論

趣味、特技

テニス、バイオリン

座右の銘

高い学力 強い体 粘り強い心 親切
弁護士 平山 響

経歴

  • 京都大学 法学部
  • 神戸大学大学院法学研究科 実務法律専攻

仕事をするうえで、心がけていること

丸く収める。

弁護士のあるべき仕事はご依頼者様が弁護士を通じて叶えたいことを真に実現することにあります。私はこれまで民事・刑事・企業を問わず、数多くの案件を解決してきましたがその中で感じたのは、どのような解決へと導くのが依頼者にとってベストなのかを考えるにあたり、相手方はどのように考えているかを想像することが必要となります。相手方の考えをくみ取ることは、ご依頼者様の代理人の行動として矛盾するように思えますが、それは違います。例えば、民事訴訟において判決を得ればそれで終わりではなく、大事なのはその内容を実現することにありますが、それにあたっては相手方がどのような内容であれば少しずつでも履行してくれるのかを想像し、調整する必要があります。その調整のためのそのバランス感覚こそが、真にご依頼者様の利益を実現することにつながります。
丸く収めてあげること。この感覚がある弁護士こそが、ご依頼者様をお助けすることができます。

締めること。

弁護士として働き甲斐を感じるのは、やはり事件を「締める」ことができたときです。弁護士をご利用になられる方は、皆さんが非常に悩み苦しんでいらっしゃいます。弁護士は、事件を進めるにあたり、ご依頼者様とその苦しみを共有し、共に歩ませていただきます。そして、事件を「締める」(解決する)ということは、ご依頼者様がその悩み・苦しみから解放されるということです。その時に、弁護士は、初めてご依頼者様の心からの笑顔を拝見することができます。この笑顔を見ることができたとき、私は弁護士としての働きがいを感じます。

まずご相談ください。

大阪出身の人間が大阪の事件に携わるにあたっての長所は、大阪という地域の特性、大阪各地の土地柄等、地元に人間にしかわからない背景を想像しながら、深いレベルのご相談を受けることができることにあります。大阪のことなら、大阪出身の弁護士に。ぜひまずはお気軽にご相談ください。

弁護士 平山 響